<< 瞬過終灯 【しゅんかしゅうとう】 | main | Cloudy sky of winter >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -





夜通しかけて
自力で温めた布団が
優しすぎて
心地よくて
勿体なくて

アラームが鳴り
一瞬起きるものの
再認識した毛布の
幸福感に包まれ
当たり前のように
二度寝に突入する
そんな朝。

が多い、この冬。


遅ようございます。。。。












RAINBOW PRINT SHOP









 
| 日常 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 11:59 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
SPONSORED LINKS
PROFILE
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

癌と母、桜と共に散りました―――。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM