<< The sleep again | main | 甘い物を無性に欲する日。 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -







力尽きた一葉が 
吹き荒ぶ風に攫われて
飄々と空へ舞い上がる
 

冷たく重たい空は
ため息のように灰色で
冬独特の憂鬱を
静かに提供してくれる








そして確信する・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・



やっぱり夏派なんだ・・・・・・と。




RAINBOW PRINT SHOP 










 
JUGEMテーマ:日記・一般




 
| 日常 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 19:38 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
SPONSORED LINKS
PROFILE
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

癌と母、桜と共に散りました―――。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM